データ復旧で機密情報を守る~魔法の情報復元法~

データ送信の手間を短縮

パソコン

企業にとって、データ送信は手間のかかることです。特に大規模のデータが詰まったファイルを送るとなるとかなり時間がかかるため、送信の際に手間がかかってしまうのです。そのような時に活用したいのが、大容量のデータをアップロードできるサーバーの活用です。そのようなサーバーを活用することで、送信する際に時間をかけずにすみます。データ送信することで、そのサーバーにデータがアップロードされます。そのアップロードされたデータを受信者はダウンロードする必要がありますが、その速度が早いためダウンロードもアップロードも時間をかけずにすむのです。企業で取り扱う文書はPSD形式やXLS形式など、あらゆる形式の文書を取り扱うことでしょう。それらに対応する大規模サーバーを活用することができます。

どのような形式のデータでもデータ送信やデータ受信できるサーバーだからこそ、使い勝手がよくあらゆるビジネスシーンで活用できます。ただ、あくまで受信者はダウンロードしないといけないため、社内でのデータ交換や、社員同士のデータ送信や受信に活用するといいでしょう。データ送受後、決められた日数で、そのデータは削除されます。そのため、セキュリティ的にも安心です。データは暗号化してサーバーに送信されるため、ほとんどプライバシーの問題も無いといえます。月額制度で活用できるサーバーが多いですが、試しに無料サーバーを活用してみるのも一つの方法です。容量が決まっていることもあるため気をつけましょう。